2023/09/22
第70回三重労使会議を開催

9 月13日(水)プラザ洞津おいて、連合三重側 12 名経営者側 14 名の出席者のなかで開催をしました。 はじめに番条会長は、「現下の物価高騰による県民生活や中小企業・零細企業の負担感は高止まりしている。経済・社会を中長期的に持続可能なものへと導くには、適正な価格転嫁や取引の適正化を図るとともに、雇用の安定と公正労働条件の確保が重要」等と挨拶をし、続いて三重県経営者協会小倉会長より挨拶がありました。その後、連合三重側から三重県経営者協会に対し、「政策・制度要請書」の手交を行うとともに、続いて労使協働事業報告として、高年齢者及び事業所向けセミナー業務等について報告が行われました。
労使セミナーでは、三重労使雇用支援機構の中村運営委員から「高年齢者 生涯現役促進活躍に向けた就労関係事例」紹介や、三重労働局片野労働基準部長から「高年齢労働者における労働安全衛生について」の講演をいただき、労働災害が及ぼす不利益の影響等を再認識しました。最後に労使双方による「ワーク・ライフ・バランス社会の早期実現に向けた働き方改革の推進と不払い残業の根絶並びに過労死ゼロ対策等の推進宣言」(案)を確認し会を終えました。

労働相談をする
ページトップへ戻る