トップページ > 労働相談 > 労働組合結成

労働組合結成

あなたの職場に労働組合はありますか?

「なんでも労働相談」開始以来、事務局に寄せられた質問の中から、よくある質問をまとめました。労働問題でお悩みの方は、まずはこのページから探してみてください。

なぜ労働組合が必要なの?

働いていれば、労働条件や賃金、仕事のやり方などについて「おかしいな」、「もっとよくしたいな」と思うことがあるはずです。でも、一人ひとりがバラバラに会社に要求していては、なかなか具体的な改善には結びつきません。働く仲間が集まって労働組合をつくれば、使用者と対等の立場で交渉する権利が保障されます。労働組合として交渉すれば「より有利な解決」が可能です。労働組合は、職場のさまざまな意見をくみ上げ、働きやすい職場づくりと企業の健全な発展に役割を発揮します。

でも会社は組合なんか認めないって・・・

一部には、労働組合を毛嫌いしたり、敬遠する経営者がいます。「労働組合は困る」という経営者は、おそらく労働組合があると賃金や労働条件などを自分の思うままに決められなくなると考えているからでしょう。逆に言えば、「労働組合がないと困る」のは、私たち労働者なのです。
最近、不況による企業倒産や廃業などが増えていますが、労働組合があれば勝手なリストラは許しません。雇用を守ること、生活を守ることこそ、労働組合の最大の役割です。労働組合は健全な企業発展には欠かせない存在です。

一人でも入れる労働組合ってありますか?/みんなで労働組合をつくりたいけど・・・

最低2人集まれば、労働組合は結成できます。ぜひ、お近くの連合にご相談下さい。
また、個人で加盟できる労働組合もあります。

会社が「分割」されそうです。労働契約はどうなるの?

ここ数年、競争力や収益力を高めることを目的とした合併や営業譲渡、分割などの企業再編が盛んに行われていますが、働く人々は、それによって大きな影響を受けてしまいます。商法改正にあわせて「労働者契約承継法」ができ、企業分割での雇用・労働条件はある程度保障されましたが、営業譲渡などは対象外になっています。連合は企業再編に伴う「労働者保護法」の制定をめざしています。企業再編の動きに不安を感じたら、すぐにお近くの連合までご相談下さい。

専門家のアドバイザーがお手伝いします!!

労働組合をつくりたくても何をどうすればいいか分からないかもしれません。でもご安心ください。専門のアドバイザーが、会社との交渉など初歩からアドバイスし、あなたの職場にあった労働組合づくりのお手伝いをします。もちろん秘密は堅く守ります。
ぜひ「なんでも労働相談」にご相談ください!!

Copyright© 日本労働組合総連合会三重県連合会