トップページ > 主な活動 > 連合寄付講座

連合寄付講座

連合寄付講座とは

連合では、これから社会に出る若い世代に労働組合や連合の役割を直接伝えたいと、2005年にスタートした連合寄付講座。全国で年々開設校が広がり、2000年現在で全国28の大学で展開されています。
連合三重では、2012年12月に三重大学と「提供講座に係わる協定書」を締結し、2013年
10月から『働くことと労働組合』をテーマに、社会人としての責任や働くことの意義と働く者を守る労働法制などについて講義を行っています。
講師には、連合傘下の組合役員をはじめ、三重県、三重労働局、三重県経営者協会、三重県社会保険労務士会、三重県労福協など、関係団体の協力を得て、三重大学との共同研究として開講しています。

連合が行う大学寄付講座

2020年の講座

リモートでの講義

2019年の講座

大学での講義

Copyright© 日本労働組合総連合会三重県連合会