活動の記録

連合三重救援活動の記録

連合三重災害対策本部の活動

東日本大震災

資料等

連合三重の具体的な取り組み

「緊急カンパ」の取り組み

8月31日(水)をもって、一旦閉鎖させていただきました。
これまでに5,078,542円(8月31日現在)のカンパ金が集まり、連合本部へ送金させていただきました。
ご協力ありがとうございました。

被災地ボランティア活動への協力

連合三重は「みえ災害ボランティア支援センター」を支援しています

  • 「みえ発ボラパック」へのボランティア参加の呼びかけ
  • 復旧、復興支援活動のための支援金300,000円の寄付と機材、物品の寄贈

情報提供

ホームページを随時更新

活動報告

連合災害対策救援本部の活動

ページトップへ

台風12号災害

9月3日から4日にかけて台風12号に伴う集中豪雨により、県内では、熊野市、紀宝町、御浜町を中心に洪水や土石流などによる死者・行方不明者も発生し、甚大な被害となっています。

連合三重では「災害発生時の対応マニュアル」に基づき災害の発生直後から状況把握や現地の確認を行い、9月6日に紀南地協へ「連合三重災害対策本部」を設置しました。また、地元の社会福祉協議会より災害復旧作業の協力要請を受け、被災地復興支援活動に取り組んでいます。

連合三重の対応

被災地の支援対応

ボランティアの募集(熊野市・紀宝町)
2011年10月16日をもって終了しました。
※連合三重組合員593名(把握分)がボランティアに参加(2011年10月11日現在)

物的支援
救援機材

連合三重物資(バケツ、雑巾、ワイパーモップなど)、高圧洗浄トラック2台、高圧洗浄軽トラック2台、ジョレン50本、連合本部物資(作業着、カッパ他)

義援金
  • 連合三重から100万円
  • 連合本部「連合・愛のカンパ」から100万円
  • 連合東海ブロック連絡会から20万円
カンパ・義援金の取り組み

連合三重と三重県労福協で取り組んだ「台風12号災害に伴うカンパ・義援金」(加盟組合に対して1人100円)は、12月末現在で、連合本部愛のカンパ・連合三重・構成組織・地協・地方連合会・三重県労福協などから13,569,174円を集約しました。

12月22日の紀南地協定期大会にて連名(三重県労福協・連合三重)で下記4団体へ贈呈しました。なお義援金は、紀南地協を通じて全壊ならびに床上浸水の被害を受けた組合員へ、また行政を通じて復興支援のために役立てていただくこととなっています。

皆様のご協力に感謝いたします。ありがとうございました。

紀南地協 12,269,174円
熊野市 500,000円
御浜 300,000円
紀宝町  500,000円
機関紙などによる情報提供

Copyright© 日本労働組合総連合会三重県連合会