トップページ > 取り組み > お知らせ > 6月12日は『児童労働反対世界デー』です

6月12日は『児童労働反対世界デー』です

児童労働の根絶をめざそう


 児童労働とは、義務教育を妨げる労働や法律で禁止されている18歳未満の危険で有害な労働のことです。劣悪な環境での長時間労働、借金の肩代わりとしての強制労働、人身売買による性産業、戦争にかりだされる子ども兵士など、いまや世界で1億6000万人、子どもの10人に1人が児童労働者と言われています。
 連合三重では「児童労働にレッドカードキャンペーン」に賛同し、連合三重事務局や政策・制度検討委員会のメンバーによる「レッドカードアクション」を行いました。 
 6月12日は児童労働反対世界デーです。連合は、子どもたちの未来を守る社会の仕組みづくりに向けて、児童労働の根絶をめざして『ストップ!児童労働キャンペーン2024』を展開します。
    児童労働ネットワーク  https://cl-net.org/
 

STOP! 児童労働キャンペーン

Copyright© 日本労働組合総連合会三重県連合会